PAGE
TOP
 

遺骨処理・自然葬の料金や種類がわかる自然そうそう人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

詳しく知りたい方はこちら

81 view 散骨樹木葬 散骨 樹木葬
散骨 樹木葬

近頃はお墓を継ぐ身内がおらず、無縁仏になることを心配してお墓を立てない人が増えてきました。その代わりに樹木葬等の「散骨」を望む人が多くなっています。樹木葬は、樹木を墓標代わりとして、そこに遺骨を埋葬する方法です。初めて行われたのは岩手県のお寺で、ここでは1人1本植樹をして、その下に遺骨を埋葬するので、緑が増え自然との一体感が得られます。

散骨と聞くと、山林に遺骨を埋葬すると考えがちですが、それは遺骨遺棄罪という罪に問われてしまいますので、例え自分の家が所有している山林であっても行なってはいけません。樹木葬を行っているお寺や業者は自治体から認可を得ています。地方では1人1本の木を植樹する里山型を、土地の少ない都市部では、シンボルツリーの周りに遺骨を埋葬する形を取る所が多くなっています

樹木葬はお墓を立てる費用(全国平均150万円)が要らないので、費用も安く済むと言う利点もあります。永大供養料も含めて30~60万円程度が標準です。しかし、管理するお寺や業者に依っては管理料を毎年納めなくてはならない所もあるので、よく調べてから申し込む様にしましょう。また、現在お墓に納骨してあるお骨を散骨する場合も、自治体の長の認可が必要となるので気を付けて下さい。
散骨のことなら自然そうそうにお任せください。