PAGE
TOP
 

遺骨処理・自然葬の料金や種類がわかる自然そうそう人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

詳しく知りたい方はこちら

77 view 手元供養費用 手元供養 費用
手元供養 費用

維持費用などの経済的な理由から、先祖代々続いたお墓を整理する「お墓じまい」を行ったり、お葬式の後亡くなった家族の遺骨をお墓に入れない…というケースが増えてきています。火葬後に拾ったお骨を骨壺などに入れ、自宅仏壇に保管しておくのは違法ではありませんが、スペースや保存状態のことを考えると、自然葬の専門業者を通して「手元供養」にした方が賢明です。

手元供養というのは、遺骨をアクセサリーやオブジェといったコンパクトなものに加工する自然葬の手段のひとつです。携帯しやすいものにすれば、保管場所もとらず、肌身離さずにいつでも・どこへでも持ち歩ける、亡くなった人とずっと一緒にいられる…というメリットがあります。加工できるものの種類、費用については業者によってかなり異なりますが、例えば遺骨ペンダントなら10万円以下で美しいものが制作できます。

骨壺に入れた遺骨をそのまま保管していると、湿気や寒暖差のせいでどうしても遺骨が傷み、カビがつくなどの被害が出てしまうこともあります。遺骨をパウダー状にして密閉性の高い専門容器に入れ替えたり、あるいは加工して防水性の高いオブジェ・アクセサリーにすれば、長期的な保存ができますので安心です。手元供養の種類、費用に関しては様々ありますので、まずは手ごろな自然葬業者を探し、どんなものが利用できるかをリサ―チしてみるとよいでしょう。
手元供養を安く済ませるなら自然そうそうにお任せください。

詳しく知りたい方はこちら

おすすめキーワード

ランキング

詳しく知りたい方はこちら

関連キーワード

カテゴリー

RSSリーダーで購読