PAGE
TOP
 

遺骨処理・自然葬の料金や種類がわかる自然そうそう人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

詳しく知りたい方はこちら

23 view 処分火葬骨 処分 火葬骨
処分 火葬骨

親族宅や実家の生前整理・遺品整理をしていたら、古い火葬骨が出てきてびっくり…!というのは、実は珍しい話ではありません。日本では、火葬後のお骨はお寺の墓地に埋葬するというのが伝統的ですが、骨壺に入れた状態で自宅などに保管することは法律違反ではありません。ですがそのままごみとして処分したり、自宅敷地内・野山などに埋めてしまうのは犯罪になるので注意しましょう。

火葬骨を、お墓に入れる以外の方法で処分するには、いくつかの手段があります。まずは火葬骨のかさを減らし、散骨する場合にも自然分解されやすいよう、お骨をパウダー状に砕く必要があります。粉骨専門業者に頼むと、1万円前後で行ってくれますので利用してみましょう。手元供養で、遺骨をオブジェなどに加工する場合でも、この粉骨が必要になってきます。

粉骨された火葬骨の処分は、自然葬の専門業者に相談するのがおすすめです(粉骨を同時受付している所もあります)。樹木葬と言って、霊園の地中に散骨をするやり方、あるいは海中に遺骨をまく海洋葬などが選択できます。いきなり出てきたお骨でも、大切なご先祖様や近親者の体の一部です。納得のいく業者を選び、心を込めた供養をしたのちに見送ってあげてください。
詳しくは自然そうそうまで。