PAGE
TOP
 

様々な葬送を行う専門店自然そうそう人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

オフィシャルサイト

104 view 樹木葬注意点自然葬 注意点 自然葬 樹木葬
注意点 自然葬 樹木葬

以前から生前の故人の遺志を尊重し、葬儀が行われるケースが多くあります。特に墓地に埋葬するのではく、自然葬いわゆる散骨や墓石の必要としない樹木葬という選択肢があります。特に墓石は高価な上、遺族が管理する必要があり、その費用的・時間的な負担を感じることも少なくはありません。その結果、費用が抑えられる自然葬を選択することもあります。ですが自然葬や樹木葬には注意点があり、法令や条例に違反するだけでなく、近隣地域とのトラブルに発展するケースもあります。

まず自然葬で一般的なのが散骨ですがお墓自体がなく、『墓地、埋葬等に関する法律』に埋葬に該当しないため法令に抵触しないというのが実態です。しかし注意点があり、あくまで節度を持った範囲内で認められており、他者に影響を与えないなどが重要になります。最近では自然葬を条例で禁止するケースもあるため、散骨を行う際には法律だけでなく条令の確認が必要です。同じ自然葬でも樹木葬については法令に抵触する可能性があり、最悪の場合には遺体遺棄になるケースもあります。

そもそも樹木葬は樹木や土葬する土地自体がお墓ということになり、法律が適用されることになります。そのため樹木葬を希望する場合は、法的に許可を受けた霊園を選択することが重要です。また注意点としては樹木葬は永代供養を前提としているケースもあるため、同じ場所に家族を埋葬できないこともあります。その他自然葬全般として、火気や供物を使用できないといった点もあります。お線香などを焚いた場合、樹木葬などは火災の原因となるため、霊園を利用する際には注意を守ることも重要です。