PAGE
TOP
 

遺骨処理・自然葬の料金や種類がわかる自然そうそう人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

詳しく知りたい方はこちら

23 view 種類自然葬 種類 自然葬
種類 自然葬

亡くなった方の葬儀、というと日本ではお寺による仏式の葬儀が一般的ですが、近年は宗教にとらわれない形でのセレモニーを選択することも、容易にできるようになりました。また、荼毘に付したあとの遺骨のお供養についても、従来のようにお寺の墓地にあるお墓に入れる…という手段以外に、自然葬というかたちをとるケースも増えています。この自然葬には、どういった種類があるのでしょうか。

自然葬は墓石や骨壺を使わず、遺骨(遺灰)を直接自然の中に撒いたり、うずめたりして弔う形態の埋葬です。現時点では「樹木葬」そして「海洋葬」の2種類が、メジャーな手段として人気を集めており、依頼できる自然葬の専門業者も全国各地に存在します。樹木葬は霊園の土地を借り、長期使用の許可・契約を経て、その地中に遺骨を埋めます。個別・あるいは合同でできる所があり、墓石の代わりに木を植えたりして墓標にします。

自然葬のもう一つの種類が海洋葬で、これはパウダー状に砕いた遺骨を、海上に出て水中に散布する散骨式の供養方法です。船の完全チャーター・遺族同行・セレモニーなどのオプションを付けなければ、数万円程度で実施できてしまうので、お墓じまいをして遺骨を処理したいという場合にもよく利用されています。どちらの種類を選ぶかはご遺族・あるいはご本人次第です。自然葬の専門業者にじっくり相談し、そのメリット・デメリットをよく理解した上で依頼してみるとよいでしょう。
海洋葬は法律上の制限もないので個人で行いがちですが、祭祀としてもった海洋葬を行いたい方は自然そうそうにお任せください。