PAGE
TOP
 

遺骨処理・自然葬の料金や種類がわかる自然そうそう人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

詳しく知りたい方はこちら

152 view カビ手元供養 手元供養 カビ
手元供養 カビ

亡くなった家族の葬儀・火葬を済ませたが、骨壺をおさめるお墓がない。あるいは、故人とどうしても離れ離れになるのが辛い…。こんな背景から、荼毘に付した後のお骨を自宅で保管したい、という方が増えています。従来、お骨はお墓に入れるのが一般的でしたが、骨壺を自宅の仏壇などに保管するケースは、昔から少数派ながら存在していました。ただそのまま保管するのではカビや変質といったリスクが伴うため、手元供養の依頼できる自然葬専門業者に相談して、きちんと処理を施すことが大切です。

遺骨を自宅で長期保存するためには、まず何よりも「粉骨」を行うことが必須です。これは遺骨を粉々に砕き、パウダー状態にすることを言います。こうすると遺骨のかさが減って、より小さくて密閉性の高い専門容器におさめる事ができるので、湿気や寒暖差によるカビの心配がごく少なくなります。手元供養をする上ではスペースについても考慮する必要がありますが、こうすればよりコンパクトな形で管理することができます。

こういった処置を施せば、カビの心配をせずに遺骨を長期保管することが可能ですが、自然葬の専門業者では、さらに加工を施して、遺骨でアクセサリーやオブジェを作成することができます。骨壺や容器よりも携帯性が高いリングやペンダントにすれば、文字通り亡くなった方と肌身離れずにいることができますし、スペースもとらないというメリットがあります。他にも、自然葬の専門業者に依頼できる手元供養には色々な種類がありますので、ぜひ一度相談されてみてはいかがでしょうか。
手元供養を専門業者に依頼するなら安心価格の「自然そうそう」へ一度ご相談ください。