PAGE
TOP
 

遺骨処理・自然葬の料金や種類がわかる自然そうそう人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

詳しく知りたい方はこちら

17 view ペット手元供養 散骨 手元供養 ペット

大切なペットが亡くなってしまった時、その遺体の葬儀や埋葬、火葬方法などについて考え、最後まで見送るのが飼い主の役割です。火葬するのに抵抗があるため「土葬する」という人もいますが、どこの場所でもいいという訳ではなく、自宅の庭などの私有地内に埋葬する必要があります。火葬した場合には、ペットの「納骨堂や霊園に納骨」したり、自宅に持ち帰って「手元供養」をしたり、また海などの自然に戻す「散骨」という方法があります。

ペットの遺体を火葬した後の供養の仕方として、手元供養を選ぶ飼い主も多くいます。手元供養とは、納骨堂や霊園に納骨したり散骨するのではなく、自宅にお骨を持ち帰って自宅など身近に置いて供養することをいいます。火葬をしても心の整理がつかなかったり、引っ越しなどをした時にもペットと一緒にいたいと考える人にはおすすめです。ただ家にお骨を置いておくだけではなく、自分なりの供養を心掛けるようにしましょう。

現在ペットのお骨の納骨方法は多彩になってきていて、手元供養ではなく散骨して生命が生まれた自然に還したいと考える飼い主も増えてきています。ペットの散骨に関しては、特に法律上の規制はありません。ただし一般的なモラルやマナーは必要で、粉骨してから散骨するのが望ましい方法です。自分で行うのは不安がある飼い主は、ペットの散骨業者に相談するのがおすすめです。
ペットの供養はぜひ自然そうそうにお任せください。