PAGE
TOP
 

遺骨処理・自然葬の料金や種類がわかる自然そうそう人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

オフィシャルサイト

199 view 種類粉骨遺骨 粉骨 種類 遺骨 梱包
粉骨 種類 遺骨

粉骨とは遺骨をパウダー状にすることです。どんな業者にどんなプランで依頼しても同じ結果になると思いがちですが、粉骨の後処理のしかたには複数の種類があります。後処理の有無や内容によって、粉骨した遺骨の保管しやすさや衛生面に大きな違いが出てきます。それぞれかかる費用も変わってくるので、粉骨の目的に応じた適切なプランを選ぶことが大切です。

自然葬で散骨するために遺骨を粉骨するのであれば、そこまで後処理を気にする必要はありません。とりあえずパウダー状になっていれば散骨を行うことが可能ですし、散骨した後の遺骨の状態を気にかけることもないからです。しかし、粉骨した後で遺骨を手元に残しておきたい場合には問題が出ることもあります。長い期間保管しても問題がないように乾燥や真空パック、紫外線殺菌など複数種類の処理を施す必要があるでしょう。

粉骨した遺骨を手元に置いておく場合、何に入れて保管しておくかという点も問題です。骨壷で保管することが一般的ですが、一口に骨壷といってもたくさんのデザイン・種類があります。故人のイメージや仏壇の雰囲気に合わせた骨壷選びをすることが大切になるでしょう。また、肌身離さず持ち運べるペンダントなどのアクセサリーに封入するという保管方法もあるので、業者に依頼する際はどんな容器が選べるのかもチェックしてください。