PAGE
TOP
 

様々な葬送を行う専門店自然そうそう人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

オフィシャルサイト

20 view 手続き粉骨遺骨 遺骨 粉骨 手続き
遺骨 粉骨 手続き

万が一身内が亡くなった場合、一般的には葬儀屋へ連絡し、通夜の後、火葬場で骨にしてもらい後日、遺骨を入れた骨壺をお墓に収納し終了となりますが、近年お墓が高額であることと遠方であることなどからお墓に納骨しないという選択を行い、散骨という、骨を粉にまで粉砕して海などにまくという方法をとる方が増えてきています。ここでは、遺骨を粉骨にしてまくにはどのような手続きを踏めばよいのか見ていきましょう。

火葬場で骨にしてもらっても、それを埋めるのも散骨するのも死体遺棄に相当してしまいます。そのため必ず粉骨しなければいけません。自分の手で行うこともできますが、適切な方法で行うためにも、またその後海への散骨や樹木葬など考えた時にも、やはり業者に依頼するのがよいでしょう。

遺骨を粉骨したあと、散骨となりますが、行政には散骨手続きをするシステムが無いので手続きは不要ですが、どこにでも自由にまいて良いわけではありません。海水浴場や養殖場などにまけば、民事トラブルにまで発展することもあります。そう考えると、やはり業者に頼むのが一番良い方法です。しかし、散骨せず手元においておくという方法をとる方もいます。一般的な骨壺と違い、粉砕した骨なので入れ物もコンパクト。仏壇に楽におけるサイズです。自宅保管も手続きは不要です。様々な方法があるので、どの方法が一番自分の家庭にふさわしいのか、故人が喜んでくれるのかを良く考えて保管方法を考えていきましょう。
遺骨の処理で困ったら粉骨だけでもしておくのがおすすめです。そんな粉骨のことなら粉骨代行もある自然そうそうにお任せください。

オフィシャル

おすすめキーワード

ランキング

オフィシャルサイト

関連キーワード

カテゴリー

RSSリーダーで購読