PAGE
TOP
 

遺骨処理・自然葬の料金や種類がわかる自然そうそう人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

詳しく知りたい方はこちら

13 view 方法粉骨 粉骨 方法

大切な家族や親族が亡くなり、お葬式と火葬が済むと、小さな骨壺に納められた故人の遺骨だけが残ることになります。従来的には骨壺はお墓に入れるのが普通でしたが、近年ではお墓そのものを所有していなかったり、様々な理由により利用できないというケースも少なくありません。そこで自然葬や手元供養といった別の選択肢が埋葬方法として挙がってきます。とりあえず粉骨の加工だけを施して、じっくりお供養方法を考えてみましょう。

火葬後の遺骨はそのままの状態で骨壺に入れ、自宅などに保管しておいても問題はないのですが、できれば後々の処分方法のことを考えて、粉骨だけは済ませておいた方が賢明です。粉骨というのは遺骨を粉々に砕いて、パウダーのような状態(これを遺灰と呼ぶ場合も時にあります)にすることをいいます。自力で粉砕するのは文字通り、心身の骨が折れる作業ですので、必ず専門業者に一任して下さい。自然葬業者が引き受けている場合もあります。

こうして粉骨後、さらさら粉状態になった遺骨であれば、様々なお供養・埋葬方法に適するので、自然葬でもお好きな方法を選ぶことができます。人気があるのは霊園に埋めて木を墓標とする「樹木葬」です。その他にも海洋上に散骨したり、アクセサリーに加工する「手元供養」という方法もあります。いついつまでにしなければいけない、という時間的な制約はありませんので、自然葬専門業者とともにをゆっくりじっくり、大切な人とのお別れ方法を検討してみて下さい。
粉骨方法でお悩みなら自然そうそうにお任せください。