PAGE
TOP
 

遺骨処理・自然葬の料金や種類がわかる自然そうそう人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

詳しく知りたい方はこちら

73 view 注意粉骨遺骨 遺骨 粉骨 注意
遺骨 粉骨 注意

昨今、土地の価格高騰、進む少子高齢化など、様々な理由から、葬式の後、お墓を立てることをあえてえらばず、遺骨を粉骨しお墓に入れないという方も増えています。そうした方が多く選ぶのが散骨など自然葬です。その一方で散骨は勝手にできるものではありません。業者の選び方など十分な注意が必要になります。特に業者に関しては近年法律を守らずに勝手に散骨してしまうような悪質な業者が増えています。しっかりと実績や口コミを確認するようにしましょう。

まず一つ注意が必要なのが、散骨をすることができる人間です。粉骨した遺骨を散骨するのは誰でもができるわけではありません。遺骨の所有権を持つ「祭祀継承者」が手続きを行うことができます。基本的には長男など血縁者がおこなうことになるでしょう。ただ、場合によっては遺産の相続などそのほかの手続きにも関わってくるため、誰が散骨を担当するのか、十分に検討する必要があります。もう一つ重要なのが場所です。どこでも自由に散骨できるわけではありません。行政によっては禁止をしている場所、あるいは特別な許可が必要な場所もあります。

こうした非常に手間がかかり、繊細な問題を個人で解決しようとすることには困難が伴います。そうした場合に便利なのが、散骨を手掛ける業者に委託することです。粉骨から、遺骨の散骨まで丁寧にやってくれるだけでなく、行政との手続き等もしっかり行ってくれます。ただ、やはり大切な家族の遺骨、自力でやりたいという方も少なくはないでしょう。現在は散骨のために、旅行に行くなど多くの方が自身の手で粉骨から散骨までを執り行うことも多くなっています。散骨する際にはまず前提として遺骨を2mm以下にまで粉骨することが世界共通のルールとして認識されているので守るようにしてください。加えて、行政のルールをしっかりと守り、きちんと最後の時を過ごせるように注意をすることが大切です。
供養のための遺骨の処分でお悩みなら自然そうそうにお任せください。