PAGE
TOP
 

遺骨処理・自然葬の料金や種類がわかる自然そうそう人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

詳しく知りたい方はこちら

146 view 方法粉骨 遺骨 粉砕 方法
遺骨 粉砕 方法

亡くなった方の遺体をそのまま埋葬する欧米などとは違い、日本では火葬を行って遺骨の状態にしてから、お墓に埋葬するように定められています。骨壺の中に入れたお骨をお墓の内部に入れるのですが、最近では宗教や慣習にとらわれない方法を希望される方が増えており、海洋散骨や樹木葬といった自然葬によるお供養が注目されています。自然葬を行うには、遺骨を粉砕する「粉骨」という過程が必要です。

粉骨とは、荼毘に付した後の遺骨を粉砕してパウダー状態にする方法です。亡くなった家族の遺骨を自分で砕くのは色々な意味でかなり負担の大きい作業ですし、また素人の技術ではうまくサラサラとした状態にするのは不可能なので、無理をせずに専門家に依頼しましょう。自然葬の専門業者では、お供養の前段階である粉骨のみの作業依頼も受け付けています。

いったん粉砕して粉状態になった遺骨は、密閉性の高い専門容器に入れての長期保管が可能です。こうしておけば、海洋散骨や樹木葬などどういった方法で自然葬を行うか、じっくりと時間をかけて検討することもできますので安心です。また、遺骨をオブジェやアクセサリーに帰る「手元供養」に関しても自然葬の専門業者にお願いできますので、亡くなった家族の遺骨を手放さずに自宅保管したい、という方はぜひこちらを検討してみて下さい。
遺骨の粉方法でお悩みの際は専門業者の「自然そうそう」へ一度ご相談ください。