PAGE
TOP
 

遺骨処理・自然葬の料金や種類がわかる自然そうそう人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

詳しく知りたい方はこちら

20 view 手元供養手続き 手元供養 手続き

大切な家族が亡くなり、無事に葬儀を済ませてお骨を拾ったけれども、その遺骨の供養方法について迷っている…という場合。現在は昔のように、何の疑問も抱かずにお寺のお墓に入れる、というばかりではなく、様々な家庭背景に合わせた自分なりのお供養方法を模索される方が増えてきています。転勤が多いのでお墓ではなく自宅保管にしたい、という場合は必要な手続きを踏まえて、自然葬の専門業者に手元供養をお願いしてみてはいかがでしょうか。

手元供養とはその字の通り、遺骨を手元に置いて保管し、お供養を続けるという方法です。遺骨を火葬後に拾ったそのままの状態で、骨壺などに入れて保管することに法律上の問題はなく、行政への手続きなどは必要ありません。ですが遺骨そのままの状態では湿気の影響を受けてカビが生えやすく、またかさばるので場所も取るため、自然葬の専門業者にしかるべき処置をお願いするようにしましょう。

手元供養、あるいは散骨などの自然葬を検討する上で必要な処置は「粉骨」です。お骨をパウダー状に砕く事を指しますが、こうする事で密閉性の高い小さな容器にコンパクト収納が可能になりますし、また宝石やガラスへの加工ができるようにもなります。この処置単体でも自然葬の専門業者で受け付けてくれますので、ゆっくり供養方法を考える前に、ぜひこなしておきましょう。また、お墓じまいなどの手続き後、取り出した昔のお骨を供養処分する際にも同様の処置が必要になりますので、留意しておきましょう。
手元供養のご相談は「自然そうそう」

詳しく知りたい方はこちら

おすすめキーワード

ランキング

詳しく知りたい方はこちら

関連キーワード

カテゴリー

RSSリーダーで購読