PAGE
TOP
 

遺骨処理・自然葬の料金や種類がわかる自然そうそう人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

詳しく知りたい方はこちら

237 view 処理方法遺骨 方法 遺骨 処理 供養
方法 遺骨 処理

年齢を重ねていくと、身内を失う経験というものは誰にでも起こり得ることです。万が一、そうなってときは一般的には葬儀屋さんを呼び、通夜の後、火葬場へ行き、葬儀後、お墓へ納骨というスタイルになっています。しかし、近年家庭の事情や近隣に手頃なお墓が買えないという理由から、お墓を持たないという選択をするケースも増えてきました。でも、火葬場で遺骨にした後どう処理のか疑問が出てきます。一体、どのような方法があるのか見ていきましょう。

納骨堂へ納める方法はどうでしょうか。お墓は買えないけど、遺骨の埋葬処理はしてあげたい。そんな思いを叶えてくれる方法が納骨堂という形。施設によって設備も料金も異なるので、いろいろみてまわると良いでしょう。ロッカー型や棚型、近代的な自動搬送式などさまざまです。都市部では希望が殺到するほど人気の高い方法です。お墓ではないものの一人一人管理されているので、お墓参りのような形をとる事が出来ます。

自分で保管する方法はどうでしょうか。遺骨を埋めるとなると埋葬許可などが必要になりますが、自宅で骨壺に入れお仏壇などに保管しておくのは問題ありません。その場合は火葬場から持ち帰った状態の骨壺では大きく場所をとってしまうので、粉砕業者に依頼し、骨壺を小さくすることがおすすめです。この処理方法なら、粉砕料金と骨壺代、運送料で済むので、お墓を買うよりはかなり安くすみます。
低価格な遺骨処分は自然そうそうを選びましょう。