PAGE
TOP
 

遺骨処理・自然葬の料金や種類がわかる自然そうそう人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

詳しく知りたい方はこちら

361 view 処理手元供養遺骨 遺骨 手元供養 処理
遺骨 手元供養 処理

家族同然で暮らしてきたペットが亡くなったとき、遺骨を手元に残して供養したいと考える方も多いと思います。手元供養をすれば亡くなったペットの存在を近くに感じることができますし、記憶に思いをはせるきっかけにもなるからです。では、手元供養をするためには、ペットの遺骨にどんな処理を施さなければならないのでしょうか。法律的な問題も含めて気になるところだと思います。

人間の遺骨と違ってペットの遺骨はモノとして取り扱われるため、法律上の問題を気にする必要はありません。大切なペットがモノ扱いということに不満を感じるかもしれませんが、現在日本の法律ではそう決められているので仕方のないことです。そのため手元供養をするために必要な遺骨の処理は、いかに自宅で保管しやすい状態にするかという点が重要になります。

ペットの遺骨を手元供養する場合、火葬した骨を粉骨して細かい粒にすることが基本です。カビなどが生えないように処理を施した後、骨壷に入れて保管するという人が多いと思います。ただ、現在ではペットの遺骨を活かしてさまざまなインテリアやアクセサリーを製作してくれる業者も多いです。ペットを偲ぶのにふさわしい商品がどんどん新しく出てきているので、業者に依頼してオリジナルの手元供養アイテムを作るのもよいでしょう。