PAGE
TOP
 

遺骨処理・自然葬の料金や種類がわかる自然そうそう人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

詳しく知りたい方はこちら

79 view 処理遺灰 遺灰 処理
遺灰 処理

大切な家族を亡くし、荼毘にふすところまではできたが、今後どうやって供養をしていいのか心が定まらない…。そんな風にお悩みの場合であれば、ゆっくり時間をかけて選択肢を考えてみましょう。従来型のお墓に入れる方法の他にも、自然葬で心を込めてお供養することも可能です。遺骨はできれば粉骨処理を施し、遺灰として保管をしておくのがおすすめです。

樹木葬・海洋散骨など、自然葬でできる心のこもったお供養の方法はいくつもありますが、基本的にどのお供養方法であっても、遺骨は粉骨処理をして遺灰状態にしてから行うことになっています。火葬後の遺灰と、粉骨して粉状態になった遺骨を別のものと考える場合もありますが、ここでは後者の意味で遺灰という語を利用します。粉骨は自然葬の専門業者に依頼できますので、供養方法を検討している間の時間を利用して、頼んでおくのがよいでしょう。

粉骨処理を経て粉になった遺灰は、骨の状態よりもずっとかさが減りますので、自宅保管をする場合でもスペースを取りません。お墓同様いつでも会いに行ける樹木葬、明るいお別れができる海洋散骨、あるいはアクセサリーなどに加工する手元供養と、自然葬でできる供養の手段は豊富にあります。おおよそ一年を目安にじっくりと検討し、一番納得のいく方法を選んでみて下さい。
詳しくは自然そうそうまで。