PAGE
TOP
 

遺骨処理・自然葬の料金や種類がわかる自然そうそう人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

詳しく知りたい方はこちら

30 view 処分遺骨 火葬場 遺骨処分

大切な家族や親族が亡くなると、遺族はショックと悲しみに打ちのめされてしまいますが、周囲の人々や葬儀社の手助けを借りて、葬儀と火葬場でのお骨拾いまでは、かなりスピーディーに事が進みます。遺体をいつまでに火葬しなければいけない、という厳密な法律はないのですが、遺体をいつまでも自宅保管しておく事は必然的に無理ですし、なるべく早い段階で荼毘に付すことが望ましいとされています。その後の遺骨処分については、じっくり時間をかけて考える事も可能ですので、自然葬などの選択肢についても検討してみましょう。

火葬場で拾ったお骨はかなり軽くもろい状態になって、骨壺の中に納められます。この火葬の過程さえ経ていれば、遺骨をこのまま保管していたとしても問題はありません。しかしそのまま捨ててしまったり、土の中に埋めるような遺骨処分は違法です。自然葬の専門業者では、従来のお墓埋葬に代わる心のこもったお供養・遺骨処分の手段が選べるとして近年注目を集めています。自然葬の利用を考えているのであれば、とりあえず粉骨は済ませておきましょう。

火葬場で拾ったお骨をパウダー状態にまで粉々にすることを粉骨といいますが、この状態であれば霊園に埋める「樹木葬」、海中に散骨する「海洋葬」、さらにはオブジェ加工をする「手元供養」といった、自然葬の様々な遺骨処分方法を利用することができます。お住まいの地域で利用できる専門業者に資料請求などをして相談し、一番都合のよい所を見つけて依頼するまで、じっくり検討してみて下さい。
遺骨の処分でお悩みなら自然そうそうにお任せください。