PAGE
TOP
 

遺骨処理・自然葬の料金や種類がわかる自然そうそう人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

詳しく知りたい方はこちら

72 view 砕く遺骨 遺骨 砕く
遺骨 砕く

火葬された遺骨の扱いについては一般的に霊園や墓地、納骨堂などに納めるのが一般的ですが、必ずしもそのように遺骨を扱わねばらなないという決まりはありません。そのため、火葬された後の遺骨については霊園や墓地、納骨堂などに納めずに手元に保管しておくことも可能です。しかし、火葬されたままの遺骨というものは骨の形状が意外と残っていることも多く、手元供養をするとなると骨壺の保管場所については頭を悩ませることになるかもしれません。もしも、遺骨を手元に残しておき手元供養をするのであれば保管場所に困らないようにするためにも遺骨を砕く作業が必要になってきます。

手元に保管しやすいように遺骨を砕く作業については金槌などがあれば個人の方でも十分に行える作業ではありますが、亡くなられた方の遺骨を砕くという行為に対して抵抗を感じてしまう方も少なくはないはずです。また、遺骨を砕く作業というものは決して難しいものではありませんが、細かく砕くにはそれなりに体力が必要となってくるので女性や高齢者の方には荷が重く感じてしまうかもしれません。

そのため、遺骨を手元に残しておき、手元供養をしたいというお気持ちがあるようなときに遺骨を砕く作業が体力面、精神面で苦しいというときには自然葬専門の業者に依頼をするのが一番かもしれません。自然葬専門の業者に依頼をすれば遺族の方が精神的にも体力的にも苦しい思いをすることなく、手元供養に適した大きさに遺骨を砕いてもらうことができるからです。
遺骨の処理で困ったら粉骨だけでもしておくのがおすすめです。そんな粉骨のことなら粉骨代行もある自然そうそうにお任せください。