PAGE
TOP
 

遺骨処理・自然葬の料金や種類がわかる自然そうそう人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

詳しく知りたい方はこちら

10 view 残り遺骨 遺骨 残り 処分

火葬されたご遺骨を霊園や合祀墓などに納骨を行う場合、ご遺骨はすべてが納骨をされることになるのでその一部が手元に残るようなことはありません。しかし、最近はやりの海や山などへの散骨や樹木葬などでは自然環境へ与える影響の観点からご遺骨のすべてが使われるわけではないので残りが生じてしまうことになります。ただし、いくら供養が済んだご遺骨だからといってむやみに処分してしまうのは禁物です。

散骨や樹木葬を行ったのちのご遺骨の残りに関してはむやみな処分をおこなってしまうと遺棄罪など事件性の疑いをかけられてしまう恐れがあり、ご遺骨の残りの処分については適切な扱いを忘れないようにしなくてはなりません。処分方法を間違えると、ご遺族の方が罪に問われることとなってしまうからです。

そのため、海や山への散骨や樹木葬を終えた後のご遺骨の残りの処分方法に関しては自然葬専門の業者へ相談をしたうえで合祀墓へ納骨をするなり、手元に残しておいて手元供養の対象とするなりの手立てを講じる必要があります。散骨や樹木葬、手元供養のことでよくわからない部分があるというときには自然葬専門の業者に詳しく話を聞いてみるようにしましょう
遺骨の処分でお悩みなら自然そうそうにお任せください。