PAGE
TOP
 

遺骨処理・自然葬の料金や種類がわかる自然そうそう人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

詳しく知りたい方はこちら

14 view 処分遺骨 遺骨 処分 方法

粗大ごみなどの不法投棄は犯罪ですが、特殊なものは小さなものであっても、ごみとして廃棄すると法律違反になる場合があります。特に注意が必要なのは遺骨。お墓じまいをして、家族などの遺骨を取り出したものの置き場がなかったり、そもそも納めるお墓がなくて、処分に困り捨ててしまうという事件もありましたが、これは日本ではれっきとした犯罪になるので決してしてはいけません。費用や手間をかけずに、きちんと心をこめて遺骨処分やお供養をするなら、自然葬という方法がおすすめです。

お墓を利用せず、遺骨を直接土中や海中に散骨することで、自然界に還ることができるというコンセプトの自然葬。散骨やお供養には、いくつかの方法がありますが、いずれにしても自然葬の専門業者に依頼するのが一番確実でスムーズです。長く保管されていた古いお骨などの処分も引き受けてくれますので、まずは地域の業者を探して、資料請求などをしてみましょう。

こういった遺骨はまずは粉々に砕いてパウダー状にする、粉骨という加工を行います。その上で霊園の一画に埋める「樹木葬」、チャーター船で美しい海洋上に出て、セレモニーを行いながら水中に散骨する「海洋葬」など、自然葬の専門業者に依頼できる遺骨の処分方法には、様々なものがあります。希望すれば、生前に自分の埋葬方法を指定して契約することもできますので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。
遺骨の処分となると高額になりがちですが、低価格な遺骨処分は自然そうそうで承っています。