PAGE
TOP
 

遺骨処理・自然葬の料金や種類がわかる自然そうそう人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

詳しく知りたい方はこちら

162 view カビ対策遺骨 遺骨 粉骨 カビ対策
遺骨 粉骨 カビ対策

家族のお葬式が済み、荼毘に付したあとの遺骨を骨壺に入れて持ち帰ったものの、どういった形で供養をするか決めかねている…。従来型のお寺の墓地利用に加え、自然葬と呼ばれる新しい供養方法など選択肢の多くなってきた現在では、このようにすぐに埋葬をせずに遺骨を自宅管理する方も増えています。遺骨はそのまま保管すると傷みやすいので、ぜひカビ対策の粉骨処置を施しておきましょう。

粉骨というのは、火葬後のお骨をさらさらのパウダー状態になるまで、粉々に砕くことを言います。一見すると粉のようなので、これを遺灰と呼ぶ場合もありますが、ここでは粉骨後の遺骨としておきましょう。遺骨を砕くとかさが減り、骨壺よりもずっと小さな密閉性の高い容器に入れて保管することができるので、湿気対策・カビ対策としてたいへん有効です。

遺骨を火葬後そのままの状態で保管するのは違法ではないのですが、カビ対策・省スペース処置、さらには将来的なお供養を考える上では、粉骨はなるべく早めに施しておきたい処置です。散骨など、自然葬をする際には粉骨が必要不可欠ですので、最終的にどの自然葬手法にするか決めていない状態でも、まずは粉骨だけ済ませておくとよいでしょう。粉骨の加工のみでも自然葬の専門業者で受け付けてくれますので、ぜひ相談してみてください。
遺骨のカビ対策のことなら自然そうそう>にお任せください。