PAGE
TOP
 

遺骨処理・自然葬の料金や種類がわかる自然そうそう人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

詳しく知りたい方はこちら

14 view 捨てる遺骨 遺骨 捨てる

親族や実家の家族と断絶する他、様々な理由によって先祖代々のお墓を利用することができないと、新たに亡くした家族の遺骨の処分方法に困ってしまうことがあります。こんな場合でも、遺骨を捨てるというのは絶対にしてはいけない犯罪行為です。火葬後そのままの状態で遺骨を私有地に埋めたり、野山に廃棄することも禁じられていますのでやめましょう。遺骨の処分に困ったら、自然葬でのお供養をするのが一番のおすすめです。

伝統的なお墓の観念にとらわれず、自分なりのお供養ができる「自然葬」は、近年日本中で注目を集めている埋葬のスタイルです。まずは遺骨を粉状態にまで粉砕し(粉骨)、その上で霊園や海洋上に散骨する、という手段が一般的です。自然界への散骨は、捨てるのとは全く意味が違いますので、お墓を利用せずともきちんと心をこめてお供養をしたいのであれば、非常におすすめです。

また自然葬の業者では、散骨の他にも遺骨をオブジェ加工する手元供養のサポートも受け付けています。亡くなった人と肌身離れずに過ごしたいという方には最適です。色々なしがらみのあった家族であっても、やはり遺骨を捨てるというお別れの形は、必ず後悔が残るものです。自然葬の形式を通して、きちんと心を込めて最後の挨拶をし、見送ってあげましょう。
遺骨の処分となると高額になりがちですが、低価格な遺骨処分は自然そうそうで承っています。