PAGE
TOP
 

遺骨処理・自然葬の料金や種類がわかる自然そうそう人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

詳しく知りたい方はこちら

17 view 補完遺骨 遺骨 保管

配偶者や家族が亡くなったが、ずっと前に先祖代々のお墓を整理して墓じまいしてしまったので、遺骨は骨壺に入れたまま自宅保管している。こういったケースが現在の日本では増えてきています。お墓がないなど、何らかの理由により従来の埋葬方法ができないのであれば、そのまま保管する他に、散骨や手元供養といった自然葬の方法を選択することができます。

遺骨をそのまま自宅保管する事は法律違反ではなく(ただし廃棄すると犯罪になります)問題ないのですが、何らかの形で処分・お別れすることを考えているのであれば、自然葬専門業者に依頼できる散骨がおすすめです。霊園に埋める樹木葬、海洋上に散骨する海洋葬などがありますが、いずれもお墓を利用するよりずっとリーズナブルな費用で行うことができます。

自然葬は、より早い段階で自然界の中に回帰することができる点からそう呼ばれています。散骨ではなく、ずっと故人と肌身離れずにいたいというのであれば、遺骨をアクセサリーやオブジェなどの扱いやすいコンパクトな品に加工する「手元供養」がよいでしょう。骨壺のままでは場所を取りますが、加工をすれば保管や携帯もしやすくなりますので、より大切な故人との一体感を感じやすいのではないでしょうか。
低価格な遺骨処分は自然そうそうを選びましょう。