PAGE
TOP
 

遺骨処理・自然葬の料金や種類がわかる自然そうそう人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

詳しく知りたい方はこちら

34 view 保管遺骨 遺骨 自宅

最近では通夜や告別式などを省き、火葬のみ執り行う「直葬」というスタイルが増えています。直葬の最大のメリットは、儀式が簡易化されることで、送り出す側の負担が少なくなるという点です。直葬でもほとんどの場合は、普通のお葬式と同じようにお墓に遺骨を入れることができます。しかし同く負担が少ないという理由で、火葬された後の遺骨をそのまま散骨したり、49日まで自宅に置いた後に散骨や納骨するという方法もあります。

直葬のデメリットとしては、菩提寺に遺骨の納骨を断られることがあるという点です。直葬後に納骨を希望する場合は、前もって菩提寺に相談しておくことが必要です。また自宅で保管した後に納骨や散骨する場合は、湿気がこもりやすい場所で保管していると、遺骨にカビが生えることがあります。自宅の中でも風通しの良い場所を選んで保管するようにします。

自宅で49日まで保管した遺骨を散骨する際は、遺骨の形が分からなくなるまで粉骨する必要があります。粉骨は自分でも出来る作業ですが、場所や道具などを考えないといけないですし、粉状になるまで細かく砕くのは想像以上に大変です。また故人の骨を砕く行為は精神的な負担も大きいものです。粉骨業者に相談することがおすすめです。パウダー状に粉骨が仕上がったら、故人を偲びながら海や山に散骨します。
遺骨を散骨する場合は専門業者の「自然そうそう」へご相談ください。

詳しく知りたい方はこちら

おすすめキーワード

ランキング

詳しく知りたい方はこちら

関連キーワード

カテゴリー

RSSリーダーで購読