PAGE
TOP
 

遺骨処理・自然葬の料金や種類がわかる自然そうそう人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

詳しく知りたい方はこちら

114 view 保管遺骨 遺骨 保管 カビ
遺骨 保管 カビ

近年ではお葬式を済ませて火葬を行ったあと、亡くなった方の遺骨をお墓に入れず、自宅に保管するという方式を選択する方が増えてきています。先祖代々のお墓にわけあって入ることができなかったり、あるいはそもそもお墓や檀那寺がない、転居を繰り返すので手元に保管するしかない…などがその理由です。遺骨を自宅で保管すること自体に問題はありませんが、自然葬の専門業者に相談をして、カビがつかないよう最善の状態で管理しましょう。

からからに乾いたイメージのあるお骨ですが、実は遺骨はそのままにしておくと湿気を吸ってしまい、カビをはやしてしまうということがよくあるのです。室内で保管をする場合は密閉性の高い特別な専用容器に入れる必要がありますが、自然葬の専門業者に依頼できる「粉骨」という加工を経ることで、ぐっとかさが減ってコンパクトな形で保管をすることができるのです。

将来的に樹木葬や散骨などの自然葬を考えている場合は、この粉骨後の状態で長期保管しておけます。ずっと手元に置いておくことを希望するのであれば、さらに遺骨を加工して、カビや変質の心配がないアクセサリーやオブジェにしてもらうのがよいでしょう。こういった管理しやすい形に遺骨を変える「手元供養」は、同様に自然葬の専門業者に依頼できます。様々な形態の中から選ぶことができますので、まずは相談をしてみるとよいでしょう。
遺骨の保管のことなら【自然そうそう】へ一度ご相談ください。

詳しく知りたい方はこちら

おすすめキーワード

ランキング

詳しく知りたい方はこちら

関連キーワード

カテゴリー

RSSリーダーで購読