PAGE
TOP
 

遺骨処理・自然葬の料金や種類がわかる自然そうそう人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

詳しく知りたい方はこちら

31 view 不要遺骨 遺骨 不要
遺骨 不要

お墓というものはその限られたスペースに先祖代々、ご遺骨を埋葬するかたちになることからいずれは遺骨を埋葬しておく容量には限界が訪れます。そのような場合にはごく一部のご遺骨をお墓の中に残しておき、残りのご遺骨に関しては不要なものとして処分を検討しなくてはならない場合もあります。しかし、いくら不要となってしまったものとはいえ、ご遺骨をぞんざいに扱ってしまうのはあまりにも不謹慎です。

不要となってしまったご遺骨の処分方法ですが、これは単純に不要なものとして勝手に処分してしまうのは非常に問題があります。なぜならば、ご遺骨に関してはその処分方法についての法律が存在しており、ゴミとして処分するのは遺骨遺棄罪が成立することになるので刑事罰の対象となってしまいます。また、墓地や霊園といった特別な施設以外の場所にご遺骨を埋葬してしまうのも墓地法の違反行為となってしまいます。

そのため、何らかの事情からお墓の中からご遺骨のすべて、あるいはその一部を取り出して処分をするようなときには法律に違反しないような手立てを講じる必要があります。たとえば、ご遺骨の一部を合祀墓に納め不要なご遺骨が出てしまったときなどには散骨をするなどの手段を選択するようにするしかないのです。最近では不要なご遺骨を処分する方法として海や山への散骨や宇宙へご遺骨を飛ばす宇宙葬などがあるので、不要となってしまったご遺骨の処分方法に困ったときには散骨などを取り扱っている業者へ相談をするようにしましょう。
低価格な遺骨処分は自然そうそうを選びましょう。