PAGE
TOP
 

遺骨処理・自然葬の料金や種類がわかる自然そうそう人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

詳しく知りたい方はこちら

77 view 保管遺骨 遺骨 自宅 保管方法
遺骨 自宅 保管方法

遺品整理や生前整理、大掛かりな掃除をしたら、大昔のご先祖様の遺骨が入った骨壺が出てきて大騒ぎになってしまった…!地方の古いお宅では、こんなハプニングがあったりするものです。火葬後の遺骨を、骨壺などに入れて自宅で保管することそのものは違法ではなく、問題はありません。ですが遺骨は実は傷みやすいものなので、将来的なお供養のことを考えれば、自然葬の専門業者に依頼してきちんとした保管方法をとるのがおすすめです。

昔の遺骨が出てきた場合の他にも、現在ではお墓を持たずに自宅で家族のお骨を保管しているご家庭も増えています。火葬の後に拾ってそのままの状態だと、吸湿してカビをはやしてしまったり、温度差の影響で変質してしまうこともあるため、自然葬の専門業者に依頼して、まずはパウダー状態に粉骨をした後、密閉性の高い容器に入れる…という保管方法を選びましょう。

このように、しかるべき保管方法で遺骨を自宅においておく方法を、「手元供養」と呼びます。お葬式後にだいぶ時間がたってから、遺族が決意して海洋散骨や樹木葬に移行する場合もありますが、粉骨をしてあればよい状態で遺骨を保管できますし、散骨もスムーズにできます。粉骨のプロセスだけは、なるべく早い段階でしておいた方がよいでしょう。この加工のみを、自然葬の専門業者に依頼することも可能です。
遺骨の保管方法でお悩みの際は「自然そうそう」へご相談ください。

詳しく知りたい方はこちら

おすすめキーワード

ランキング

詳しく知りたい方はこちら

関連キーワード

カテゴリー

RSSリーダーで購読