PAGE
TOP
 

遺骨処理・自然葬の料金や種類がわかる自然そうそう人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

詳しく知りたい方はこちら

14 view 種類遺骨 遺骨 散骨 種類

年金生活に突入し、思い描いていた老後を満喫するぞと意気込む傍らで、「そろそろ、終焉準備もしておこう」と慎重に考える方が増えてきています。まだまだ元気ではあるけれど、もしもの場合に備えて、残される家族のためにお葬式や埋葬の事など、できるだけの準備をしておこうというのは、いわゆる終活の一環です。伝統的なお墓に加えて、自然葬を利用した遺骨の散骨などが近年人気を博していますが、自然葬の専門業者で行える埋葬・お供養には、どんな種類があるのでしょうか?

自然葬に興味を持ったら、まずはネットでお近くの手ごろな自然葬専門業者を探し、パンフレットなどの資料請求をしておきましょう。自然葬の良い所は、本人が生前にある程度の申し込み・契約をしておけるので、遺族に負担があまりかからないという点です。一般的には火葬後、遺骨をパウダー状にする粉骨を行ってから自然の中に散骨をするスタイルが定番ですが、その場所によって「樹木葬」「海洋葬」などの種類があります。

樹木葬は霊園の一画を利用し、直接土中に粉状遺骨を散骨して、墓標の代わりに木などを植えるものです。遺族にとっては、お墓同様気軽に故人に会いにいけるのがメリットです。遺骨を海中に撒くのが海洋葬で、美しい風景の中で心に残るセレモニーができます。また、散骨とは別に「手元供養」も自然葬の専門業者に依頼できます。遺骨をオブジェやアクセサリーに加工し、自宅保管・携帯しやすいようにしたお供養のスタイルですが、加工できるものの種類もたくさんあるので、「亡くなった後も、ずっと家族と離れずにいたい」という場合には、こちらもおすすめです。
散骨のことなら自然そうそうにお任せください。